東京15区支部長(公認候補予定者)について 

 平素は、日本保守党に関し格段ご高配を賜り、誠にありがとうございます。 

 この度、日本保守党(代表:百田尚樹/東京)は、来る4月28日(日)投開票の衆議院議員選挙補欠選挙に向け、東京15区支部長(公認候補予定者)を決定しました。 

飯山 陽の写真

 支部長(公認候補予定者)は、飯山 陽(いいやま・あかり/麗澤大学客員教授)氏です。詳しい経歴は別紙をご参照ください。 
 日本保守党は、不祥事の続いた東京15区からクリーンな政治を目指そうと、この選挙区を国政初陣の地と定めました。また、伝統と新進性を兼ね備えた魅力的な東京江東区から、本党の理念である「日本を豊かに、強く」の実現を目指すにあたり、その先陣を切るにふさわしい人を、との思いで選考を行なって参りました。 
 高い見識と豊かな人生経験を備え、かつクリーンな人物、ということで飯山 陽氏に白羽の矢を立て、ご本人より承諾いただいた次第です。 

 飯山氏は、働きながら東京大学で博士号を取得し、国費留学含め幾度かの外国生活を経験、さらに主婦、母として、文化の異なる外国での子育ても経験したパワフルな女性です。現在は、大学で教鞭をとる傍ら、日本国内での執筆・言論活動にも取り組み、中東・イスラムという特殊な分野ながら、複数のベストセラー書籍を上梓した実績もあります。 そして何より、日本を思う気持ちが強く、日本の未来のために闘う勇気のある人です。 

 飯山 陽を新たなリーダーとして江東区から日本を変えていく――。日本保守党の新たな挑戦へのご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。 

(以 上) 

別紙 :飯山 陽氏 プロフィール(PDF)

  • URLをコピーしました!
目次